高齢者の認知症の問題とは【問題となっている症状】

わからなくなる

白髪で笑顔のシニア女性

認知症は85歳以上の4人に1人が発症するといわれている身近な病気の一つです。認知症の予防や改善にはサプリメントの他に、発芽玄米やオメガ3脂肪酸を使用したサラダ・魚の缶詰など食事でも効果を発揮します。食物を噛むことで脳内活性化にも役立ちます。

Read more

生活習慣

パソコンと聴診器

認知症の原因として多いものには、脳血管の障害とアルツハイマー型認知症が挙げられます。これらのリスクを下げるためには、血液の状態に気を配ることも大切です。摂取する油の質を考え、甘いものやお酒を控える食生活に改善しましょう。

Read more

介護をする

病院のロビー

認知症は、物忘れなどの症状がありますが本人には自覚症状がないので対応が難しいものといえます。また、認知症について知識を得ることで介護の仕方を学ぶことが出来る他にも上手く付き合っていけると考えられます。

Read more

少子高齢化

資料を指すシニア夫婦

高齢化の進展と共に認知症が懸念される人達が増えてきているのも事実である。認知症が要因と見られる事件、事故のニュースも目立つようになってきている。 だからと言って、むやみに恐れたり、眼をそむけたりする事は禁物である。常日頃から家族間の会話等を密にしていくことで、楽しい環境が認知症防止に繋がるとも言われ、又、僅かな異変でも気付きやすく早めの対応が可能となる。 認知症予防には、運動と頭を使う事を同時に行うと良いとも言われている。高齢者にとっても比較的楽に取り組めるのが、ウォーキングしながら、頭の中では、100から一定の数字を引き算していく等の暗算を組み合わせみる事である。周囲の変化にも関心を持ちながら楽しく実践する事が秘訣のようである。

現在では、認知症による事件事故を防止するために、70歳を越えると運転免許を更新する際、認知症の検査が行われるようになってきている。 又、認知症に対する偏見が、当人の精神的負担や不安を助長し、僅かな気付きを隠蔽する傾向も見られるので、これ等を防止していくために、周囲の人達の心配りが出来るよう各自治体を通してのサポートシステムも出来てきている。 治療方法についても進展が見られ、早期発見の場合いは、日常生活に支障が無い位の治療も可能になってきている。治療にかかわる研究開発はこれからも進展し、発症のメカニズム等が次第に明確になり、具体的な治療法とその予防方法が確立されてくる日も近いのではないかと考えられるので期待したい。