シニア女性と女の人

介護の現場を楽にする!国保連中央介護伝送ソフトについて知る

動きやすさが重要

手

ユニフォームの価格設定

介護の現場で働く人というものはいろいろな部署の人たちから成り立っています。例えば施設介護を行う人や訪問介護を行う人などです。そしてそれぞれの部署によって行う活動内容が異なっているため適切な特徴を持ったユニフォームが求められています。施設介護を行うスタッフのユニフォームの場合動きやすさを重視します。施設内での力仕事が多いからであり、できるだけ丈夫なものが好まれています。訪問介護を行うスタッフの場合では人から見られることも多いので清潔感のあるきれいなものが好まれています。色についても暗いものよりできるだけ優しい色合いが使用されます。介護用のユニフォームの値段はそのほかの服と同じような価格設定になっています。例えばポロシャツならば4000円ほどです。そのほかにも上着は6000円程度でジャージやパンツなども4000円から6000円ほどが相場価格となっています。

快適な介護を行うために

介護用のユニフォームは、様々な職業のユニフォームを販売している専門店で購入することが可能です。また、オリジナルでオーダーすることもできるので、介護施設のイメージとピッタリのシャツやズボンなどを作れます。オリジナルのユニフォームを身につけていれば、介護される側もすぐに認識してくれるのでとても便利です。介護をする際は汚れたり汗をかいたりしたときにすぐに着替えられるように予備のユニフォームを用意しておくことが大切です。そのため、一人につき複数所有しておくようにするのが望ましいといえます。

Copyright© 2016 介護の現場を楽にする!国保連中央介護伝送ソフトについて知る All Rights Reserved.